Πニャン

0
    評価:
    ---
    講談社
    ---
    (2015-03-06)
    コメント:今まで読んだ漫画を超えました!

    JUGEMテーマ:読書
    お久しぶりです。
    GWに入って毎日5:30から庭の草と闘っています。
    2月頭に顔をコンクリートで強打して、死に損なったんだけど
    まだ痛いです。夜怪我して病院には行きませんでした。
    鼻と頬あたりをぶつけて鼻の奥から血がw
    まぁ・・・過去のことなので・・・

    今日はすごい出会いをした「Πニャン」(ぱいにゃん)
    という本のこと。
    やばいっ!!よつばと!も伝染るんです。も超えました!

    くだらないこの世界で生きていく意味なんかあるのか? 人生に疑問を抱き、
    彷徨っていた猫。そんな猫の前に現れたのはケツダン師匠。
    「お前はカッコつけてるだけなんだよ。世の中をもっと見て歩け!」
    一喝された猫はπ(パイ)ニャンと命名された。
    今、人生の、人間の真実を見つける旅に出る!! ニャー!

    いや〜ほんとヤバい、Πニャン
    最後の方でマンションの8階から落ちちゃうんだけど・・・
    その姿がもうね・・・
    Πニャン、最高だよ〜!!

    365日のスプーン。

    0
      しまりすさんが素敵な本を教えてくれた。

      365日のスプーン
      365日のスプーン
      365日のスプーン
      日記のような・・・

      つぶやきのような・・・おーなり由子さんの「絵の本」です。

      好きなページから・・・開いたページから・・・

      読んで下さい

      だそうです。

      心がほこって温かくなる。

      お気に入りのページはしまりすさんが教えてくれた

      6月25日。223ページです。



      みどりのくまとあかいくま

      0
        今日本屋さんで目に飛び込んできたこの絵本。
        すごくかわいらしいでしょー??

        みどりのくまとあかいくま
        みどりのくまとあかいくま
        いりやま さとし



        みどりのくまの家の隣に、あかいくまが引っ越してきました。
        ふたりは、それぞれの色が一番ステキだと思っていました。


          青りんご そ

          青りんご し

          青りんご て


        ところがある日、少しだけ違う色をきれいだと思えるようになりました。



        「きれいな色だね」と話しあった2人は、
        お互いの色がだんだん好きになっていきます。


        あとは

           赤りんご な

           赤りんご い

           赤りんご しょ

        出会いをテーマにした絵本ですニコニコ
         
            

        モロッコで断食

        0
          あけましておめでとうございますかどまつ家かどまつ

          しまりすさん(HN)にモロッコで断食(ラマダーン)という本があって、たかのてるこさんという人が書いた旅行記なんだけど、なんだか表現とか言葉使いがロポさんに似ているんだよー、って以前に教えてもらっていた。
          (このブログのサイドで紹介させてもらってます。)
          とうとう?入手し読み終えました。

          なるほどなるほどー、先入観も手伝い「あれ?わたしこんな本出したっけ?」なんて感覚におそわれてしまった。
          なんだろー、言葉の選び方とかしゃべり方とかリズム感?みたいなのが自分とちょっと重なるのだなぁ。

          本の内容は想像と違ってとっても濃いものでした。
          旅行記だから、ここへ行ってこんな体験をしこう感じた…みたいな日記的なものだと思っていた。
          でも、旅をしてそこで出会った人たちとの物語だった。
          つまり、この本はノンフィクションです…の小説って感じかな?

          読み終えた感想は…出会いは宝なんだなぁってことと、どんなに熱く濃い別れがたい出会いをしても、別れがきて、時が経つにつれ(悪い意味ではなく)色あせていくものなんだなぁ…って思った。
          宗教なんて興味はなかったけど、イスラム教について少し知ることができた。戒律が厳しいと思っていたら、とても自然なものだと感じた。
          イスラム教の人はペンだこならぬ、祈りダコができちゃうらしいピピピ
          人の温かさとか別れの辛さとか胸につまされ泣けてしまった。
          でも、作者は大阪人で声をだして笑っちゃった部分も多数あり。
          例えば「土ばこりが多いせいか取れる鼻くその量が尋常ではない・・・その生産量に目を見張ってしまった」とか。楽しい

          興味のある方ぜひぜひ読んでもてくださいな!

          それと、素敵な本を紹介してくれたしまりすさんありがとーっ。


          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << July 2018 >>

          archives

          recent comment

          recommend

          ハンブン東京 [DVD]
          ハンブン東京 [DVD] (JUGEMレビュー »)

          ウッチャン演出の舞台。吉沢悠さん    さまーずさん出演のほんわかする物語です。

          recommend

          recommend

          あみぐるみ天使の詩―キミに伝えたい…
          あみぐるみ天使の詩―キミに伝えたい… (JUGEMレビュー »)
          根本 さおり
          わたしたちの本です♪♪♪

          profile

          search this site.

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM